【東京】TEL:03-3433-6788 【大阪】TEL:06-6457-6788 【名古屋】TEL:052-231-6788 【上海】TEL:+86-21-60206720

Case

ケーススタディー

それぞれの想いを込めて
PTCジャパン株式会社

【提案するまでの日々】

はじまりはたった1本の電話からでした。

日々お忙しいお客様でしたが「まずはごあいさつだけ...」ということでアポイントをいただきました。ただ、その頃はまだ現実的なお話ではなく、将来的な移転は考えているとのことでした。

それから定期的にフォローを続け1年半ほど経ったころ、お客様から「コンペに参加してみないか」と打診がありました。

ヴィスでは今までになかなか無かった800坪という大型案件。

競合にはお客様がこれまでにも付き合いがあるという大手企業、かたやこちらは50名足らずのベンチャー企業。しかも、最終決定は本国アメリカになるため提案資料を作りメールで送るという、こちらの思いや考え方などを直接伝えるプレゼン形式ではなく、全てを資料に託して送るという方式でした。

社内では様々な議論がありました。

「こんな大きな案件はヴィスではできないのではないか」
「そもそも資料だけ送るなんて思いが伝えられない」
「全て英語で作るなんてニュアンスを伝えられないから無理だ」

どちらかと言うと否定的な意見の方が多かったかもしれません。しかし、やはりヴィスとしてチャレンジしてみることにしました。

それが大型案件であろうが、どんな小型案件であろうが、ヴィスのクレドにもある「すべてはお客さまのため」ということを考えた結果でした。

お客様にとって喜ばれるのであれば時間と労力を惜しむべきではない、その先に「ありがとう」という言葉をもらえるのだとしたら、ヴィスはやはり進んでいくべきだという結論になりました。

【それぞれの想いを込めて】

そこからは会社一丸となって必死で取り組みました。今まで経験したことの無い規模のプロジェクト...そこで考えたのが「説明無くても分かる資料」でした。

本国アメリカで見ただけで理解していただけるように気配りをしたプランニング、しかも「ここまで考えているのか!」と、感じていただきたいという思いから、今まで取り入れてみたかったが実現ができなかったデザインや家具などもたくさんとり入れ、考え抜かれた作りのデザインにしようなど、さまざまな意見を出し合い、プランは大きく広がっていきました。

その間、クリエイターのデスクには栄養ドリンクが数々並び、何度も事務所で寝泊りをし、担当プロジェクトマネージャーは何度も終電を逃し、それでもお客様に喜んでいただける資料の準備をいたしました。

そして、データ、資料関係が出揃い、一気にプレゼン資料作り! 数十ページに及ぶ、さまざまなアイデアを盛り込んだものを作り上げました。

【受注!そして】

魂を込めてメールで送りました。関わったすべての人の想いを乗せて、ここまでくれば、もう祈るしかありませんでした。

数週間後、それはある日突然やってきました。

響き渡る悲鳴!? 口を押さえてPCを見ているプロジェクトマネージャー。震えていて、何かを伝えたそうだが声になっていない......。しばらく様子を見守る社内のスタッフ。

やっと声になったプロジェクトマネージャーの「き、き、決まりましたッ!!」という、ひと言。

その言葉でみんなは全てを理解しました。

社内に沸き起こる拍手。飛び跳ねるプロジェクトマネージャー。担当クリエイターは、その頃ちょうど、ヨーロッパ視察中だったので、国際電話で報告を行い、現地のツアーのみんなで歓声をあげました。

クリエイターが凱旋門に登った日だったので、社長は「凱旋帰国やな」と笑っていました。...という受注するまでの経緯がやっと物語のスタート地点。

【本当のスタートラインへ】

施工準備をしていく中で、定例のミーティングを繰り返し行いました。大きい物件だけに現場での懸案事項は、いくらリスクヘッジしていても様々なことが起こりました。

時には言い争うことも。時には足踏みすることも。しかし、本音をぶつけ合うから良い仕事ができるのです。

最初はお互いに自分たちの都合でしか動けていなかった各社が、ぶつかり合うごとに次第に協力し合い、それぞれのベストを尽くし工事が進んでいきました。向かうべきは「すべてはお客様のため」というたった一つの目的のために、関係各社、一丸となって取り組んだプロジェクトでした。

【オフィスの完成!】

 

 

 

【編集後記】

みんなの思いが凝縮された一枚の写真があります。全てが完成したオフィスのエントランスで撮影した写真です。現場で半年間、膝をつき合わせていくことでこのような関係を築くことができました。

その完成の日、社員の方々へのオフィス見学ツアーを行ったのですが、新しいオフィスを目の前に、思い思いに携帯やデジカメで写真を撮ったり、あちらこちら見渡したり、触れてみたり...皆さまの興奮と喜び溢れる様子が脳裏に焼き付き、一生忘れられません。ここに写っていない多くの方々の尽力もあって、このオフィスが完成したのだと改めて感じた瞬間でした。

「新しいオフィスになって気持ち良く働けるようになった」「活気が出た」「明るくなった」など、ご移転されてからも嬉しいお声をいただき、この仕事に携われて本当によかったと感じております。

関係者の方々、フォローをしていただきました皆さま、ありがとうございました。

訪れたお客様を最高の旅へとご案内する場所

訪れたお客様を最高の旅へとご案内する場所

株式会社エス・ティー・ワールド

徹底的に考え抜き、こだわり抜いた<cottage office>

徹底的に考え抜き、こだわり抜いた<cottage office>

株式会社アカツキ (Akatsuki. Inc.)

バーとオフィスを同居させたオフィス―アルカナの場合―

バーとオフィスを同居させたオフィス―アルカナの場合―

株式会社スタジオ・アルカナ(STUDIO Arcana Co., Ltd.)

機能をデザインする、ビジネスをデザインする

機能をデザインする、ビジネスをデザインする

株式会社インスパイア

Download  /  ダウンロードコンテンツ

お問い合わせ・ご相談

オフィスデザイン、レイアウト、設計、内装など、
お気軽にお問い合わせください。

  • 東京:
  • 大阪:
  • 名古屋:
  • 03-3433-6788
  • 06-6457-6788
  • 052-231-6788

オフィス移転に役立つ資料を無料進呈中!

Download Contents

aaa

オフィス移転をスムーズに行うために必要な各種確認事項をチェックリストにまとめました。ぜひご活用ください。

チェックリスト

aaa

オフィス移転のスケジュール作成方法やスムーズに移転を行うためのポイントなどをまとめました。ぜひご活用ください。

マニュアル

お問い合わせ

Contact

TOKYO

東京都港区東新橋2-14-1
NBFコモディオ汐留2F
TEL: 03 3433 6788

OSAKA

大阪市北区梅田3-4-5
毎日インテシオ8F
TEL: 06 6457 6788

NAGOYA

名古屋市中区錦2-16-26
SC伏見ビル5F
TEL: 052 231 6788

SHANGHAI

上海市黄浦区淮海中路222号
力宝广场 26F
TEL: +86 21 60206720

このページの先頭へ