【東京】TEL:03-3433-6788 【大阪】TEL:06-6457-6788 【名古屋】TEL:052-231-6788 【上海】TEL:+86-21-60206720

Column

コラム

オフィスに解放感を!スケルトン仕上げにすることのメリットとデメリットとは??
VIS Blog | オフィスデザイン

こんにちは、t2oです。

こんにちは、t2oです。
春めいてきたなと思いきや、まだまだ寒い日が続きますが、
皆さまいかがお過ごしでしょうか?
先日、完工したお客様がご入居されたビルの前では
既に満開の桜(品種は失念しました…)が咲き誇っていました

さて、オフィスのプロジェクトを進めるにあたり、よくご要望を
いただくことのひとつとして

『天井を抜きたい!』

というご意見をよくお伺いします。

『天井を抜く』、つまりは『スケルトンにする』ということなのですが、
お店に行くとよく採用されている施工法であるもののオフィスでも
取り入れるケースが最近、特に増えてきたのではと感じています。

天井を抜くことによるメリットとして

・なんといっても解放感が生まれる
 >少なくとも天井が80cm以上上がる
・オフィスっぽさが軽減する
 >オフィスを作るにあたってオフィスらしくしたくないという
  ご要望が多いのも事実

逆にデメリットとして

・天井を開けてみないと設備がどうなっているかわからない
 >有象無象の配線やダクトが敷設されていることがほとんど
・コストがかかる
 >空調・防災・排煙などの設備の移設が生じる可能性が高い
 >退去される際に原状回復工事の費用が余分にかかる

などが挙げられます。
正直、デメリットも多いですが、それでも天井を抜きたいという
ご要望をいただくことが多いのはそれだけ得られるものが多いからに
他ならないのではと思います。

では昨年、完工しましたTonTon様の例を挙げてご説明していきましょう。

まずは現地調査、始めは原状回復がされていて床・壁・天井とも
綺麗に仕上がっていますね。

そして工事中、すでに天井が露出しています。

そして完工後、全て同じ角度で撮影されているのがお分かりになりますでしょうか??

詳しくはこちらもご参照ください↓
http://designers-office.jp/work/page/index.php?cat=1&type=0&id=329

これだけ、オフィスの印象を変えることができるスケルトン仕上げ。
ビルによって、またフロアによって規制があり、費用をかけても施工できない
というケースもありますのでまずは是非、ご相談ください!

それでは今回はこの辺で。

投稿日:2017年3月14日

Download  /  ダウンロードコンテンツ

お問い合わせ・ご相談

オフィスデザイン、レイアウト、設計、内装など、
お気軽にお問い合わせください。

  • 東京:
  • 大阪:
  • 名古屋:
  • 03-3433-6788
  • 06-6457-6788
  • 052-231-6788

オフィス移転に役立つ資料を無料進呈中!

Download Contents

aaa

オフィス移転をスムーズに行うために必要な各種確認事項をチェックリストにまとめました。ぜひご活用ください。

チェックリスト

aaa

オフィス移転のスケジュール作成方法やスムーズに移転を行うためのポイントなどをまとめました。ぜひご活用ください。

マニュアル

お問い合わせ

Contact

TOKYO

東京都港区東新橋2-14-1
NBFコモディオ汐留2F
TEL: 03 3433 6788

OSAKA

大阪市北区梅田3-4-5
毎日インテシオ8F
TEL: 06 6457 6788

NAGOYA

名古屋市中区錦2-16-26
SC伏見ビル5F
TEL: 052 231 6788

SHANGHAI

上海市黄浦区淮海中路222号
力宝广场 26F
TEL: +86 21 60206720

このページの先頭へ