【東京】TEL:03-3433-6788 【大阪】TEL:06-6457-6788 【名古屋】TEL:052-231-6788 【上海】TEL:+86-21-60206720

Column

コラム

マインドフルネスは、貴方の人生を変えるかもしれない。
VIS Blog | リクルート

新卒4年目になってしまいました! らぶたんです (

新卒4年目になってしまいました!
らぶたんです (';')ノシ

社会人の「とりあえず3年」って、なんて早いのでしょうか。
変わったことと言えば、売上の責任数字くらいです。(あああああああああ泣)

さて、ヴィスの20期がスタートするこの記念すべき日にブログ担当となりまして、
何を書こうかと。。。ハードルが高すぎるのではなかろうかと。。。
3月末から悩みに悩み、悩み続けまして。。。

本日は、“マインドフルネス”についてお話しようかと思います。

4月1日に入社式とか、大きなイベント毎があったんですけど、
明日から私の同期達が紹介してくれると思います(‘;’) はい。



みなさま、“マインドフルネス” はご存知でしたでしょうか?

私はヴィスの社内研修でこのテーマに触れるまで、まったく知らなかったんですね。笑
欧米では、Googleやfacebookなどでは研修が導入されていまして、
『「10人に1人」が実践する最先端のプラクティス!』と謳う
著書まで出ているほど注目されているんです。

“マインドフルネス” とは、
「今この瞬間」の自分の体験に注意を向け、現実をあるがままに受け入れること、です。

そして、いつでもどこでも実践できます。

例えば仕事中、
日々の業務に追われイライラや不安が尽きない瞬間は
誰しもが経験しているかと思います。

「取引先にメール返さなきゃ、企画準備ってどこまでできていたっけ
あ、後輩にあれを教えなきゃ、上司にあの書類の提出って何時までだ?っ*●×(+_+)?#★慌」

ってなってしまう事、ありますよね。私はあります。笑
そこで“マインドフルネス”を実践すると、

「、、、、、、ぁ、、今の私、準備できなくて不安なんだ。イライラしてるけどなんでだろう。」

というように、
「今この瞬間」の自分の体験に注意を向けて現実をあるがままに受け入れることで、
しばらくすると、不思議と心が落ち着いて大したことないように思えてきます。これホントです。
ストレスな場面においても否定的な感情や物事に飲み込まれることなく、
いつでも自分を取り戻すことができるようになります。これホントです。

“マインドフルネス”すごくないですか。
しかも、タダで出来ちゃうんですよ (‘;’)わーい

やり方は簡単。10秒間の深呼吸を始めるだけ。(私はトイレで実践しています)
? 目を閉じて呼吸に意識を向ける。
? 注意がそれたことに気がつく。(今この瞬間の自分!)
? 注意がそれる度に意識的に呼吸へ注意を戻す。(心に余裕ができる)

たったこれだけで心に余裕が生まれちゃうのです。

心に余裕が生まれると、
周囲への思いやりの心をもつ事ができます。
自分の今やるべき事を冷静に判断する事ができます。
小さな幸せに気が付く事が出来ます。

(‘;’)すごい!

仕事、プライベート問わず、
この“マインドフルネス”という手段を実践する事で、
皆様の人生が豊かになるきっかけとなれば幸いです。

マインドフルネスを研修で学んだ後の同期一同(';')笑

らぶたん。

投稿日:2017年4月3日

Download  /  ダウンロードコンテンツ

お問い合わせ・ご相談

オフィスデザイン、レイアウト、設計、内装など、
お気軽にお問い合わせください。

  • 東京:
  • 大阪:
  • 名古屋:
  • 03-3433-6788
  • 06-6457-6788
  • 052-231-6788

オフィス移転に役立つ資料を無料進呈中!

Download Contents

aaa

オフィス移転をスムーズに行うために必要な各種確認事項をチェックリストにまとめました。ぜひご活用ください。

チェックリスト

aaa

オフィス移転のスケジュール作成方法やスムーズに移転を行うためのポイントなどをまとめました。ぜひご活用ください。

マニュアル

お問い合わせ

Contact

TOKYO

東京都港区東新橋2-14-1
NBFコモディオ汐留2F
TEL: 03 3433 6788

OSAKA

大阪市北区梅田3-4-5
毎日インテシオ8F
TEL: 06 6457 6788

NAGOYA

名古屋市中区錦2-16-26
SC伏見ビル5F
TEL: 052 231 6788

SHANGHAI

上海市黄浦区淮海中路222号
力宝广场 26F
TEL: +86 21 60206720

このページの先頭へ