【東京】TEL:03-3433-6788 【大阪】TEL:06-6457-6788 【名古屋】TEL:052-231-6788 【上海】TEL:+86-21-60206720

Column

コラム

オフィスをデザインする上で欠かせないアレの意外と知られていない秘密とは!?
VIS Blog | オフィスデザイン

みなさんこんにちは。wikiです。

今日は我々が身近に使いすぎていて、なかなかフォーカスしないアレに関してのお話です。

こちらがアレです。

アレ




我々はスケールと呼んでいますが、コンベックスとも呼ばれたりします。
材質がスチールでの場合のこちらの呼ばれ方をします。
もっと日常になじみ深い、メジャーと呼ばれるものは、材質が樹脂や布製のことが多く、体の採寸をはじめ曲線を測る際に役立ちます。



さて・・・

増えましたね。



小さいサイズもあり、軽くて持ち運びには便利ですが・・・

夫婦っぽさはいい塩梅です。


小さい方は、その可愛らしさやおしゃれさと引き換えに、強度が無いため、
什器や、壁の寸法を測る場合はいいのですが、
オフィスの天井などを測る際に不便になってしまうんです。

なので、夫の方のスケールを持つのが、ヴィスのデザイナーズオフィスづくりには欠かせません。












さて、すでにマイナーな話をしていますが、
今回ご紹介したいのは、更にマイナーな話です。


実はスケールの先(ツメっていいます。)はカタカタします。

1?カタカタします。

間違い探しします。

太郎君「はい。木目の色が違います!!!」





それだけではなく、上の写真は家具に引っかけて計測(外寸)し、
下の写真は家具に押し当てて計測(内寸)しています。

そして、このツメのカタカタは・・・

厚みが1?です。



つまり、引っかけも当てても寸法が測れるという優れものなんです。
(私もこれを知った時、ちょっと震えました。)
これをゼロ起点補正と言います。

ぜひ飲み会や、普段のコミュニケーションで披露してくださいね。




最後に、細かな寸法や小さなものを測る場合、
かえってこのツメカタカタが邪魔になってしまうので、
100?あたりのキリのいいところから測ったりします。
これもなかなか通の技なので、

ぜひ飲み会や、普段のコミュニケーションで披露してくださいね。

以上wikiでした!

投稿日:2017年10月27日

Download  /  ダウンロードコンテンツ

お問い合わせ・ご相談

オフィスデザイン、レイアウト、設計、内装など、
お気軽にお問い合わせください。

  • 東京:
  • 大阪:
  • 名古屋:
  • 03-3433-6788
  • 06-6457-6788
  • 052-231-6788

オフィス移転に役立つ資料を無料進呈中!

Download Contents

aaa

オフィス移転をスムーズに行うために必要な各種確認事項をチェックリストにまとめました。ぜひご活用ください。

チェックリスト

aaa

オフィス移転のスケジュール作成方法やスムーズに移転を行うためのポイントなどをまとめました。ぜひご活用ください。

マニュアル

お問い合わせ

Contact

TOKYO

東京都港区東新橋2-14-1
NBFコモディオ汐留2F
TEL: 03 3433 6788

OSAKA

大阪市北区梅田3-4-5
毎日インテシオ8F
TEL: 06 6457 6788

NAGOYA

名古屋市中区錦2-16-26
SC伏見ビル5F
TEL: 052 231 6788

SHANGHAI

上海市黄浦区淮海中路222号
力宝广场 26F
TEL: +86 21 60206720

このページの先頭へ