【東京】TEL:03-3433-6788 【大阪】TEL:06-6457-6788 【名古屋】TEL:052-231-6788 【上海】TEL:+86-21-60206720

Column

コラム

デザインの有効活用!邪魔なオフィスの柱の大変身方法とは!?
VIS Blog | オフィスデザイン

こんにちは!広報チームです!

11月も半ばに差し掛かり、今年も残すところ一ヵ月半ですね。

ヴィスでは11月や2月から繁忙期にさしかかるのですが
それは、多くのクライアント様が12月の年末や3月の年度末に向けて
オフィスのリニューアル、家具の納入をされる為です。

新しいオフィスや新しいチェアやデスクなどの家具で
新年、新年度を迎えられたら気持ちいいですよね。

オフィスデザインやオフィスリニューアルを検討していく中で
こんなお悩みを抱えてはいませんか・・・?

これがなかったらもっと広くみえるのに・・・
これがなかったらもっと良いレイアウトができるのに・・・

この・・・この・・・
大きな柱ー!!!!!!!!

そう、ほとんどのオフィスビルにある柱。

時には、ワークスペースの真ん中にあったりするので
視界が遮られたり、空間が分断されたりして
とても邪魔に感じられますよね。

でもそんな柱もヴィスのデザインにかかれば
おしゃれな存在に大変身させることができます♪

例えば、こんな感じ。

こちち一見棚ですが、
柱に作りつけされているんです。

柱を全然感じさせないですよね。

ポイントは棚と同じ色で柱も塗っているところ。

こうすることでより一体感が生まれて
柱が邪魔どころかお洒落に見えます。

嗚呼、デザインって不思議。

もちろんどんな柱にもデザインすることは可能。
L字コーナーにも柱を作りつけすることがきますよ。
こんな感じ。

造作でイチからデザインするから成せる技ですね。
その空間、形状に合わせてオリジナルでデザインすることができるんです。

まさに唯一無二の空間。

その他の方法としては、柱を掲示板にしたり、柱自体にデザインを施すことも。
ヴィスではグラフィックデザインを施している柱もあります^^

こんな感じ。

いかがでしょう??
柱というよりデザインに目がいきますよね。

むしろ柱の部分が前に出ていることでより強調されて
空間のポイントになっています。

邪魔が存在だったはずの柱。
デザインひとつでこんなにも大きく存在意味を変えることができます。


オフィスリニューアルをお考えの方。
是非ヴィスのデザインの力を実感してみませんか。

少しの工夫で大きな効果を体感できるはず。

わたしも影響力のある人になりたい・・・

投稿日:2017年11月9日

Download  /  ダウンロードコンテンツ

お問い合わせ・ご相談

オフィスデザイン、レイアウト、設計、内装など、
お気軽にお問い合わせください。

  • 東京:
  • 大阪:
  • 名古屋:
  • 03-3433-6788
  • 06-6457-6788
  • 052-231-6788

オフィス移転に役立つ資料を無料進呈中!

Download Contents

aaa

オフィス移転をスムーズに行うために必要な各種確認事項をチェックリストにまとめました。ぜひご活用ください。

チェックリスト

aaa

オフィス移転のスケジュール作成方法やスムーズに移転を行うためのポイントなどをまとめました。ぜひご活用ください。

マニュアル

お問い合わせ

Contact

TOKYO

東京都港区東新橋2-14-1
NBFコモディオ汐留2F
TEL: 03 3433 6788

OSAKA

大阪市北区梅田3-4-5
毎日インテシオ8F
TEL: 06 6457 6788

NAGOYA

名古屋市中区錦2-16-26
SC伏見ビル5F
TEL: 052 231 6788

SHANGHAI

上海市黄浦区淮海中路222号
力宝广场 26F
TEL: +86 21 60206720

このページの先頭へ