【東京】TEL:03-3433-6788 【大阪】TEL:06-6457-6788 【名古屋】TEL:052-231-6788 【上海】TEL:+86-21-60206720

Column

コラム

“ゆったり”と“だらけ”は似て非なるもの。環境で心も変わる
VIS Blog | ヴィス日記

大阪のキヨです!

入社1ヶ月にして早くもブログ担当が回って参りました!
大阪のキヨです!

暖房が効いているので、
冬でも食あたりに気を抜けない時代になりましたね!><
胃腸が弱い私は例に漏れずなりました? 皆様本当にお気をつけください…!

テーマをどうしたものかと思いましたが、
「今までの職場との違い」が一番良いかなと思いましたので書かせて頂きます。


今まで私はごく一般的な“ザ・事務所”という環境で働いてきました。
ネズミ色っぽい空間で、チャイムも鳴りませんでした。
当時は新卒ということもあり、「会社はこういうものなんだ」と思っていました。

なのでドラマに搭乗するオフィスはこの世に存在せず、
“あれは太秦某所のようなセットで撮影されているんだ”と。。
今思えばそんな訳ないだろうって話ですが(笑)


そんな認識だったので、ヴィスに来たときは本当にたまげました!
今までの環境と180度違う綺麗な“オフィス”。


それを見た時の私の率直な感想は


“新大陸”や…!!


緑、固有種ののコアラ(木に下げられている小さい人形)、
職場に居ながら仕事と切り離された一息つける空間。

それからお昼と
ヴィスの文化「がんばるタイム」開始時に鳴るチャイムは
まさに出航の合図。
(余談ですが、大阪の会議室をコロンブスと言います。国違いですが、パークと相まってピッタリですね!)

(↑ヴィス文化の1つ「サンクスカード」)


こんなオフィスが本当に世の中に存在したんだと感動したのを覚えています。


けど、平日の半分以上を社内(そうじゃない人もいますが)で過ごす以上、
その環境はとても大事で、過ごしやすくあるのは
実は当たり前のことなんじゃないかな、とも同時に思いました。

会社が仄暗い雰囲気だと、自分まで仄暗い気持ちになっちゃいますし、
整ってない空間だと、だらけてしまいますよね。


それは家や部屋にも言えることだと痛感しました。
現に私はリビングではゆったり、自室ではだらけきっています。
同じ家なのにこの違い……


気を付けないと…!と感じたキヨでした〜!(ちゃんと整理します

投稿日:2017年2月27日

Download  /  ダウンロードコンテンツ

お問い合わせ・ご相談

オフィスデザイン、レイアウト、設計、内装など、
お気軽にお問い合わせください。

  • 東京:
  • 大阪:
  • 名古屋:
  • 03-3433-6788
  • 06-6457-6788
  • 052-231-6788

オフィス移転に役立つ資料を無料進呈中!

Download Contents

aaa

オフィス移転をスムーズに行うために必要な各種確認事項をチェックリストにまとめました。ぜひご活用ください。

チェックリスト

aaa

オフィス移転のスケジュール作成方法やスムーズに移転を行うためのポイントなどをまとめました。ぜひご活用ください。

マニュアル

お問い合わせ

Contact

TOKYO

東京都港区東新橋2-14-1
NBFコモディオ汐留2F
TEL: 03 3433 6788

OSAKA

大阪市北区梅田3-4-5
毎日インテシオ8F
TEL: 06 6457 6788

NAGOYA

名古屋市中区錦2-16-26
SC伏見ビル5F
TEL: 052 231 6788

SHANGHAI

上海市黄浦区淮海中路222号
力宝广场 26F
TEL: +86 21 60206720

このページの先頭へ