オフィス空間を考える上でのポイントって?従業員が活き活き働ける空間とは

オフィスは「企業の顔」とも言える大切な存在。従業員やお客様にとって居心地のよい場所であることが理想ではないでしょうか。そのためにはデザインなどの見た目だけではなく、オフィスのレイアウトや空間を戦略的に考える必要があります。何を実現するための空間なのかを考え実現することです。
本記事では、オフィスの改装や移転の際に役立つオフィス空間のポイントを解説します。

1.これからのオフィス空間とは

コロナ禍によって働き方改革が改めて注目され、テレワークの普及によってオフィスの在り方自体が問い直されていますが、企業にとってオフィスが重要な拠点であることには変わりません。

オフィスは、そこで働く従業員にとって居心地のよい場所であることが求められます。また、ほかの従業員やお客様と接することができる貴重な場所ともいえます。企業の業績を上げるには、従業員同士のコミュニケーションが欠かせませんし、オフィス空間は、生産性や創造性が高まる場所でなくてはなりません。やはり、一人で黙々と仕事をするよりは、お互いが意見を出し合い切磋琢磨するほうが生産性は高まります。部署の垣根を越えた交流や情報交換を行うことで、思わぬヒントが得られることもあります。

2.従来のオフィス空間の課題

これまでは「島型レイアウト」が主流でした。島型レイアウトとは、部署やグループごとにデスクを配置するスタイルで日本企業の多くが取り入れたことがある代表的なレイアウトです。部署内のコミュニケーションがとりやすくなる、または誰がどの席にいるのか分かりやすいなどのメリットがあります。周囲の同僚や先輩とのディスカッションがしやすく、情報共有がスムーズに行える非常に有効なレイアウトです。

一方で、ほかの部署との連携がとりにくく心理的な距離が発生する、あるいはプロジェクトメンバーとのコミュニケーションがとりにくいなどのデメリットがあります。

3.生産性が向上するデスクレイアウトにするには?

島型レイアウト

これまで主流だった「島型レイアウト」に慣れている人のなかには、新しいレイアウトを取り入れるのに抵抗を感じる人もいるでしょう。しかし、生産性を向上させたりコミュニケーションを活性化させるためにはオフィス空間のレイアウトを再検討することも一案です。
代表的な数パターンをご紹介します。

最初にご紹介するのは、パーテーションなどで囲われた席で構成される「ブースレイアウト」。集中して打ち込むタイプの業務への対応に向いています。
昨今のコロナ禍においては、ソーシャルディスタンスの対応や、仕切る壁の素材や高さによってはオンラインミーティングにも使用できるというメリットもあります。
全面をブースレイアウトにするのではなく、島型レイアウトの中に一部このようなゾーンを配置するというバランスで導入されているケースが多いです。

アジャイルレイアウト

次にご紹介するのは「アジャイルレイアウト」です。
アジャイルは「迅速に、俊敏に応える」という意味で、急激に変化する社会状況と働き方への対応を考慮したレイアウトになります。移動可能な家具をメインに構成することで、柔軟なチーム編成を可能にし、社員間のコミュニケーションやコラボレーションを促進するような工夫がされています。

背面型レイアウト

そして3つ目は「背面型レイアウト」。こちらは島型レイアウトと似ていますが、従業員同士が背を向けて座るようデスクを配置するスタイルです。パーテーションで区切る企業もあります。
視線が気にならず個人の空間を保てるため集中的な業務に有効です。ただし従来よりも場所をとるため、ある程度広いスペースが必要ですし、コミュニケーションが必要な業務には少々不向きなレイアウトといえます。

フリーアドレス

最後にご紹介するのは、固定席をつくらない「フリーアドレス」。毎日同じ席に座ることなく業務の種類に応じて自分の意思で最適な場所を選べる、オフィス空間を有効活用できる柔軟なスタイルです。普段は接する機会が少ない部署の従業員や上長ともコミュニケーションがとれますし、机にモノを置かないスタイルのため社内の美観が保てますし、印刷物が少なくなる効果もあります。


詳細はこちらの記事をご覧ください。
フリーアドレスオフィスのメリット・デメリットとは!?ー他社事例も紹介ー
(https://designers-office.jp/column/workstyle/page/index.php?id=212)

4.オフィス空間を考える上でのポイント

快適なオフィス空間を得るためにはレイアウトだけを決めればいいわけではありません。下地となる実現したい姿が何よりも重要です。しっかりとしたビジョンがあってこそオフィスの役割が明確になり効果が生まれます。
代表的なポイントをご紹介します。

4-1.理想のワークスタイルを先に考える

どのような文化を構築したいのか、従業員に求めることは何か、何を実現したいのかなど、ワークスタイルの理想像を描くことから始めます。レイアウトや導線、デザインなどは、このワークスタイルの実現のために決定されるため、ワークスタイルの理想像を描くことは非常に重要なステップになります。

企業課題は当然企業によって異なります。デザインなどの見た目はあくまでも参考として捉え、会社が持っている課題克服あるいは理想の実現のためにオフィス空間を有効活用する発想で考えましょう

4-2.企業理念を表現して一体感のある空間に

テレワークの導入により、オフィスへの通勤が軽減されるなど従業員が得るメリットが大きくなりました。一方、従業員同士が顔を合わせる機会が少なくなり、連帯感を保つことが課題にもなっています。このような課題を克服するためにも、企業理念を表現した一体感のあるオフィス空間を実現しましょう。

例えば、企業理念や企業ロゴを目につきやすい場所に配置することで、従業員が自然と目にすることができます。企業理念やビジョンを言語化したうえで企業サイトに掲載することは一般的ですが、それらを言語ではなく「オフィスアート」として表現するのも一案です。その結果、従業員のモチベーションアップだけでなく、来訪する多くの方にも目にふれるため企業が求める新たな人材確保にもつながります。

4-3.従業員がストレスフリーに働けるようにする

最近はおしゃれで綺麗なオフィスも増えてきて、入社の際の判断材料にしている方も増えています。しかし、どれほどおしゃれなオフィスをつくっても、必ずしも業績アップにつながるとは限りません。従業員にとってストレスが多いものであれば、そこは居心地のよい場所ではなくなってしまうのです。せっかく費用を掛けてつくったオフィスの効果が低い結果にならぬよう、従業員がストレスフリーで働ける空間の実現を目指しましょう。

従業員が働きやすいオフィス空間をつくるためには、パーソナルスペースやプライバシーの確保は欠かせません。パーソナルスペースは心理的な独自空間であるだけに、従業員それぞれがストレスを感じない距離を考える必要があります。もちろん、空調や湿度の管理などオフィスの設備面にもしっかり配慮しましょう。さらに、オフィス空間のレイアウトに際しては、リラックスできるデザインやインテリアを考慮することが大切です。色彩の持つ役割も大きいため、それぞれの色が持つ特徴を把握しておきましょう。

4-4.リラクゼーションスペースを設ける

従業員が働きやすい職場にするには、オフィス全体をリラックスできる空間にすることが大切です。また、従業員のストレス緩和を図るためには、リラクゼーションスペースの設置も検討しましょう。身近なものとして、リビングのような空間や畳の空間が挙げられます。卓球台やビリヤード台などの設置により、リフレッシュ空間をつくってもよいでしょう。

もちろん、リラクゼーションスペースをつくるには、それ相応の空間が必要です。もし、広い空間がとれないときは、小さくてもコミュニケーションをとれる空間づくりを意識します。小さなスペースをパーテーションで区切り、リラックスチェアなどを置いて仮眠スペースにすることも考えられます。気分転換をするには仕事モードからの切り替えも欠かせません。そのためには、マッサージグッズやお菓子を用意しておくのも一案です。また、リラクゼーションスペースに雑誌や書籍を置くことも考えましょう。それらを従業員が目にすることで、新たなアイデア創出が期待されます。

オフィスの役割を見直してストレスフリーで一体感ある職場に

快適なオフィス空間を手に入れるためには、まずは実現したい目的やビジョンを明確にし、働き方そのものを考察するところから始めます。ただしその想いを整理したり空間で表現するのは、技術や経験、発想力が求められます。少し自信がない、または手助けが必要だと感じましたら、オフィス空間設計のプロであるヴィスにご相談ください。専門家が伴走して、あるべき姿の実現をサポートいたします。

オフィスデザイン、オフィス移転、企業ブランディング、働き方に関する相談など、お気軽にご連絡ください。ヴィスのプロジェクトマネージャーがお手伝いします。

お問い合わせはこちら

DOWNLOAD

CONTACT

オフィスデザイン、オフィス移転・改装・設計のお問い合わせや見積もり依頼等、まずはお気軽にお問い合わせください。

MAIL FORM