デザインオフィスの王道にして至高!スケルトン天井について解説します!

こんにちは。バコことコバです。
今回はデザイナーズオフィスのアイコン、王道にして至高(?)のスケルトン天井についてお話します!

スケルトン天井の魅力は、何といっても天井が高くなること!
そして、事務所っぽさ(敢えてオフィスではなく事務所と言います)、無機質さを軽減して、高いデザイン性を付与できることです!

※今回の写真は、今お手伝い中のお客様のオフィスの天井より。お客様のご許可を得て掲載しています。

ただ一方で、「スケルトン天井は高い(物理的にではなくて金銭的に)!!」と言われているのもまた事実。

その理由は、天井を壊すだけでなく、様々な工事が絡んでくるからです。

まずは当然、天井のボードを壊す工事。これをしないと話になりません。
しかし、ただ壊せばいいというわけではなく、そこには様々な障害が…

天井には皆さんご存知のものから、普段意識されていないものまで、様々な設備が設置されています。
主なものだけでも、照明、空調、換気、感知器、非常灯、非常スピーカー、人感センサー、サーモ、etc.…

解体の為にこれらを全て取り外すだけではなく、「再度設置し直す」必要があります。
しかも、天井ボードを無くしてしまったので、ビルの躯体(ビル本体のコンクリート部分)にアンカーというものを打って、そこから吊り直す手間がかかります。

また、照明は、天井ボードに付いていたものは大抵の場合は使えないので、新たに購入し直すことが大半です。

更に、天井は開けてみないとその中身の「きれいさ」が実感としては分からないので、
必要に応じて、天井塗装や、周囲の壁の立て直し、既存の配線関係の整理等を見込んでおく必要があります。

また、法規上、他の部屋と区切る為のスラブからスラブまでの壁の設置もマストとなるケースが多いです。

その他、ビルの状況や管理上の問題等で、更なる工事が必要となる場合もありますので、ビル管理会社さんとのお打ち合わせが必要となります。その辺りもヴィスが請け負いますのでご安心ください。

こうした様々な苦労(?)を経て、ステキなスケルトン天井はできあがります。

苦労した分、オフィスの出来栄えに対する影響はとても大きいですので、皆さん是非前向きにご検討してみてください!



P.S.
ビルによっては、「排煙の問題で」ウチのビルはスケルトン天井はできないよ!と言われてしまうケースもあります。

…それでも憧れのスケルトン天井は実現したい…そんな時はヴィスにご相談ください!
100%ではないですが、法規を守ってスケルトン天井を叶える方策もありますので、できる限りお力になります!

みなさまの夢のデザイナーズオフィスを一緒に実現していければ幸いです!!

DOWNLOAD

CONTACT

資料請求、見積もり依頼等、お気軽にお問い合せください。
オンライン商談にも対応しております。

MAIL FORM