お客様アンケート結果(2021年3月)

2020年4月-2020年9月にデザイナーズオフィスが完成したお客様を対象に、アンケートを実施しました。(2021年2月に実施)

73名の皆様にご回答いただきました。ありがとうございました。

前回アンケート結果(2020年7月実施)はこちら

1. デザイナーズオフィスの導入、移転・改装等オフィス空間の見直しをした理由を教えてください。

「社員の満足度向上」を一番の目的とする会社が多く、社員のことを考えたオフィスになっているのは以前と変わらない傾向です。

その他の目的の割合もほとんど変化がありませんが、「オフィス面積の適正化」を目的とした会社も4割にのぼりました。

2. 導入前の課題は解決されましたか?

83%の方が上記課題を解決できたと回答いただいています。

3. 今回、ヴィスにご依頼いただいた理由を教えてください。

ヴィスを選んだ理由として、「デザイン」、「提案・プレゼン内容」が多いのは以前と変わらない傾向ですが、前回どちらも60%程度だったのに対し今回は70%と増加しました。

次に多いのが「担当者の人柄」で、デザインや提案内容はもちろんのこと、ヴィスの特徴である人間力を評価いただいており光栄です。

4. プロジェクトマネージャーによるプロジェクトの進行はいかがでしたか?

プロジェクト進行に関しては、「とても満足」「満足」を合わせて98%の方にご満足いただいています。

今回も「不満」「とても不満」の声がありませんでした。

より多くの方に感動を提供し、皆さまにより一層ご満足いただけるよう取り組んでまいります。

5. オフィスのデザインや仕上がりに満足していますか?

オフィスデザインや仕上がりも、96%の方に「とても満足」「満足」を選んでいただきました。

6. 社内の生産性は向上しましたか?

69%の方から「生産性が上がった」と回答いただきました。

7. 社員のモチベーションは向上しましたか?

86%の方から「モチベーションが上がった」と回答いただきました。

8. 社内のコミュニケーション量は増加しましたか?

「社内コミュニケーションが増加した」と回答した方は55%でした。

コミュニケーションを取りやすいオフィスはコロナ禍でも重視されており、この割合は今後も増えるのではないかと考えられます。

9. 採用数やエントリー数が増えるなど、採用はしやすくなりましたか?

「採用がしやすくなった」という回答が46%でした。「わからない」は30%で、前回42%に比べると少なくなりましたが、コロナ禍での影響が続いていることがうかがえます。

ヴィスでは完工後のオフィス写真撮影に加え、ドローン撮影のサービスも提供しております。ドローン動画を通して、少しでもオフィスのデザインや雰囲気を伝えるお手伝いをしていきたいです。

10. 離職率は低下しましたか?

離職率については長期的な影響もあり、「変わらない」、「わからない」が大半を占めました。

一方で「低下した」という回答も13%あり、すぐに効果が出ている会社もあるようです。

11. 社員の方に評判の良いエリアはどこですか?

以前より「フリースペース/リフレッシュスペース」の評判が最もよい傾向が続いていましたが、今回は「ワークスペース」が54%と最も多い結果となりました。

テレワークで在宅勤務をする人が増え、デスクやチェアなどの快適性、働く環境の重要性が再認識されているのかもしれません。

フリースペースを充実させる企業も多いですが、現在は社員が集まってのイベントは開催しづらい状況もあり、この部分はまだ活用しきれていない会社も多いのではないかと思います。

12. 次回の移転・改装時に、より力を入れたいエリアはどこですか?

次回の注力エリアとしても「ワークスペース」という回答が多く、オフィスに出社する意味が考えられている結果と感じます。

13. 次回もヴィスに依頼したいと思いますか?

66%の方から「ぜひ依頼したい」と回答いただきました。

今回の担当者にお願いしたいというコメントも多く、信頼して任せていただき感謝しております。

14. 新型コロナウイルスによるオフィス計画の変更など影響はありましたか?

今回、対象期間が2020年4月-2020年9月ということもあり、こちらの質問を追加しました。

オフィス計画にはほとんど影響がなかった方が6割を占める一方、大きな変更や軽微な調整も含めると約4割の方が計画の変更を余儀なくされました。

プロジェクト開始後の計画変更をしつつもコロナ禍における新たな働き方に対応したオフィスづくりは進行しています。

15. 新型コロナウイルスによる影響で、オフィスの移転・改装等の後に困っていることや悩みなどありましたらご記入ください。

・「リモートワークが増えたので、それに対応した設備の増設を検討しています。」

・「テレワーク前提で移転したが、テレワークをやめた結果、手狭に感じています。」

・「顧客に来てもらうためのスペースでしたが、コロナの影響でオンライン対応のみとなり、実質まだ活用できていない状況です。」

・「今回の移転によって得られたオフィスの新しい機能を100%活かせていません。現在は、ポストコロナに向けた準備期間として捉えて、皆に考える時間を作ってもらっています。」


テレワークの有無や頻度によってオフィスの活用に変化が生じているようです。この変化においても、「準備期間」と捉えて社員皆でオフィスのことや働き方を考える機会とするのは良いですね。

回答結果は以上です。回答いただいた皆さま、ありがとうございました。

他にも、このような声をいただきました。
「おかげさまで快適に過ごしています。社員の自慢の会社になりました。そして、2名新卒採用できました!」

「採用への効果、コミュニケーションの増加など、コロナ影響で出社数が限られている状態なので、見えないところはまだまだありますが、社内アンケートで設備に関する項目が飛躍的によくなりました。」

「動線が整備されたことによる効率化はもとより、快適なオフィスにより前向きに仕事に取り組む事ができ、オフィスの重要性を再認識いたしました!」

「Mさんの努力、ご協力、感謝いたします。コロナの影響で、コスト面を極端に圧縮して家具など入れ替えなかったこともあり、不便さもまだ残っているので、引き続き相談に乗って欲しいです。」

また当社担当PM(プロジェクトマネージャー)やクリエイター向けのメッセージも多数いただき、ありがとうございました。


環境の変化で、オフィスで必要とされるものや使われ方、課題も変わっていくでしょう。当社からも新しい情報共有やサービスの提供など、引き続き皆さまをフォローしてまいります。

今後も、オフィス環境や働き方に関してお困りごとがございましたら、お気軽にご相談ください。

DOWNLOAD

CONTACT

オフィスデザイン、オフィス移転・改装・設計のお問い合わせや見積もり依頼等、まずはお気軽にお問い合わせください。

MAIL FORM