このWebサイトの全ての機能を利用するためにはJavaScriptを有効にする必要があります。

【オフィスぶらり】充実の福利厚生!身も心も健康になるスマートニュース株式会社様のオフィスへ行ってきました。<第2弾>

前回に引き続き、スマートニュース株式会社様のオフィスぶらり。いざ、2Fのフロアへ。いい匂いに心惹かれつつ、ぶらり行ってきました。

心とお腹が満たされるランチタイム

ここは所謂イベントスペースだそう。お昼時に足を踏み入れれば・・・
こんな感じで食堂に早変わり。左側がテーブルとイス、右側に食べ物たちが並んでいます。ビュッフェ形式で食べる分だけ取ります。そして目を引いたのがこの可動する台。こちらもオリジナル造作できちんと空間と使用目的に合わせてデザインされたのだそう。細部までオシャレだな・・・。

そして!本日のメニューがこちら!
カフェメニューみたい・・・。驚くべきことに、毎日メニューが違うそうです。一日もメニューが被らないんです。世のお母さんが聞いたら驚愕ですよね。毎日メニューが違うので飽きることなく、「食」を楽しめます。素晴らしい。
本日は「チキンカチャトーラ・ベジコロッケ・野菜の梅酢マリネ・フォカッチャ・ピクルス・ガーデンサラダ・秋鮭のシチュー」です。とっても野菜豊富!メニューを聞いただけで健康になれそう。
この手書きの黒板も愛を感じますよね。

偶発的な交わりを生む

さて、このように皆さん取り分けていきます。ルールは食べれる分だけ取り分けること。愛情たっぷり込めて手作りをしてくれているからこそ、「食べ物を大切に」の精神ですね。料理に使われている野菜たちはオーガニックの野菜ばかりで、3FフロアのSmartKitchen前には生産者さんからの手紙が貼ってあったりします。食べ物の作り手から、料理の作り手までしっかり見えるからこそ、同じ料理でもより温かく感じたりしますよね。心の満足度が違う気がします。ちなみに、こちらの料理ですが人気カフェ「daylight kitchen」さんと提携して作ってくださっているのだそう。どおりでクオリティが違うわけです。

そしてお気づきでしたでしょうか?
食べ物を入れている器の配置はまっすぐではなく、互い違いに置かれているのです。互い違いに置くことで両側から食べ物を取ることができる、両側に人が集まり、自然と向かいの人たちと会話が生まれるのだそう。こういう見えないコミュニケーションの仕掛けって本当に大切だな、と私は思います。少しの工夫で大きく変わる関わり合いってあると思うのです。すごく勉強になった瞬間でした。

食物から感じ取れる愛情

そして是非とも紹介したかったのが、こちらの野菜たち!今までにも無農薬野菜や、おばあちゃんの取れたて野菜など食べたことはあるのですが、全然!違います!食べた瞬間の野菜のみずみずしさ、厚み、弾力がかなり凄かったです。新鮮な食物とバランスの良い料理を口にして、スマートニュース様が本当にスタッフさんの事を想っているんだと思いました。大切だからきちんとした食事をとってもらいたい。そんな母親のような無償の愛情を感じ感激しながら箸をすすめました。止まらない。

豊富な利用シーンを覗きみる

冒頭でお話したように、こちらのスペースはイベント会場としても使用される多目的スペース。その為、前方にはステージがありました。ステージの上にはデザイン家具があり地球くんが佇んでいました。可愛い。
私も以前にこちらの会場で開催されたセミナーに参加したことがありますが、ステージに人が立つとまた雰囲気ががらりと変わるんです。このステージがあるかないかで、かなり空間としての印象やシーンの活用の幅が変わると感じました。

最先端企業には最先端技術を

さて、場所を移動して同じ2Fフロアの別空間へ。
3Fのワークスペースへ入る時にもありましたが、セキュリティが顔認証なんです。(写真だと顔認証の瞬間が終わってしまっていますが・・・)
テンキーからカードキー、指紋キーまであらゆるセキュリティを見てきましたが、顔認証は初めてです。さすが時代の最先端を行く企業様は設備も最先端ですね。まるでテレビドラマの世界のようでテンションが上がりました。

健康を黒子のようにサポートする

扉を開けてすぐ設けられていたのは駐輪スペース。居室内に駐輪スペース。贅沢ですね。これも自転車通勤者が増えて、メンバーがもっと健康になってくれれば・・・というスマートニュース様の心遣いから設けられたのだそう。どこまでもメンバー想いな企業様。
壁面には町並みのグラフィックが施されていて、テーマと合ってますよね。
あれ、なんか奥の方に町並みとは違った物体が・・・

あ、地球くん。
地球くんが、自転車漕いでます。なんてシュールな姿なんだ。
どこの場所にも散りばめられている遊び心。楽しい企業風土を感じられて、なんだかわくわくした気持ちにさせてもらえます。本当に可愛い。

アイデアが溢れる空間

歩みを進めるとすぐに目に入ったのはこちらの会議室。壁面に沿って本棚が並んでいるな・・・と思いきや。

なんと会議室の中まで繋がっています!ガラスを介して、本棚が続いているようにみえますよね。壁がガラスだから成せる錯覚技術ですし、デザインの一つとしてインテリアを活用されている素晴らしいアイデアだと思います。今、会議室の中にいるのか、外にいるのか・・・わからなくなってきますよね。
こちらの会議室でミーティングをしたら、より知的なアイディアが生まれてきそう。

”普通”に見せない工夫

こちらの会議室はまた違ったイメージでポップ。チェアのカラーがカラフルでかなり目をひきました。同じチェアなのにカラーを変えるだけでこんなにも印象が変わるんだと感激。一色で揃えるのもいいですが、色々なカラーを混ぜるだけで一気に楽しい印象になりますよね。写真だと少しわかりづらいかもしれませんが、デスクの形状も一台一台が台形になってるんです。台形の組み変えによって様々なレイアウトが可能になるそう。ただ単にオシャレという訳ではないのですね。機能的。
そして私の一番のツボはこちらの電球。裸電球ってこんなにオシャレだっけ!?と思うほど、とってもオシャレに見えました。一見オシャレとは程遠そうなデザインであっても、組み合わせや置く空間により、その見え方は大きく変わるんだなと勉強になった瞬間でした。先入観をなくすことが大事なのかもしれませんね。

そして壁一面はもちろんアイディアペイント塗装。ホワイトボードシートではなく、塗装です。シートよりもシンプルでスマート。
その他にも刑事ドラマに出てきそうな小窓のついた部屋、なにも置いてない活用方法無限大な部屋、マッサージ師が主に使う会議室などがあり、どの部屋をとっても面白さ満載でした。

オフィス創りは組織創り

二回に渡りぶらりをご紹介してきました、スマートニュース株式会社様。オフィスの在り方やデザイン家具に限らず、スマートニュース様のメンバーに対する想いも強く感じたオフィスぶらりでした。オフィスを創ることはただ単に働く場所を創るのではなく、そこで働くメンバーの生き方を創ることなんだと、スマートニュース様のオフィスをぶらりして学びました。
最後には地球くん入りのオリジナルウォーターもいただきました。これは・・・コレクションにしよう。
さらにスマートニュースファンになったのでした。

さて、次のぶらりはどこかな。なっちむ。

オフィスデザイン、オフィス移転、企業ブランディング、働き方に関する相談など、お気軽にご連絡ください。ヴィスのプロジェクトマネージャーがお手伝いします。

お問い合わせはこちら

DOWNLOAD

RECOMMEND

オフィス訪問・インタビュー の関連記事

ALL VIEW

CONTACT

オフィスデザイン、オフィス移転・改装・設計のお問い合わせや見積もり依頼等、まずはお気軽にお問い合わせください。

MAIL FORM