Column

コラム

多治見にオープンしたモザイクタイルミュージアムはデザイン的にも素晴らしかった!
VIS Blog | ヴィス日記

名古屋最年長のcozyです。

今回は、2016年6月、岐阜県の多治見市にオープンしたモザイクタイルミュージアムに、先日訪問してきましたので、その話をしたいと思います。



多治見市は、施釉磁器モザイクタイル発祥の地であり、全国一の生産量を誇る地域でもあります。そんな町のシンボルとなる拠点として誕生したミュージアムは、今をときめく建築家である、藤森照信氏の設計ということもあり、訪れる前から、期待度満点の建築でした。

現地に着いてみてビックリ。何がすごいって、その建物のカタチ。とてもミュージアムとは思えない、小さな山のようなフォルムで、建物の外壁の素材自体も、タイルの原料を掘り出す「粘土山」をイメージして選ばれたそうで、建物全体がブランディングされているなぁ、と素直に感心してしまいました。

外観でも十分にインパクトを感じたのですが、内部に入ってまたWAO!を感じてしまいました。私が特に感銘を受けたのが、建物全体を貫く階段で、土で内装が仕上がっていることもあり、まるで洞窟の中を歩いているような印象でした。

細かなところでは、階段の手すりまでモザイクタイルが貼られていたり、消火栓の扉にもびっしりとモザイクタイルが貼られていたりと、これでもかというほどタイルづくしの空間デザインに仕上がっていました。

屋上階は、天窓が設けられており、それはそれは開放感でいっぱいの空間で、当日の天気の良さもあって、非常に幻想的な世界観で包まれた空間でもありました。



そうなんです、藤森建築の魅力は、やはりその独特な「世界観」だと思います。その世界観を建物全体で表現しているから、ブランディングができるわけなのですが、そこには、なぜか、不思議な美しさが、確かに存在するのです。う?ん、奥深い・・・。



私も、いつの日にか、こんな圧倒的な世界観を感じさせるオフィスを、ぜひ作ってみたいと思います!

投稿日:2018年3月2日

Download  /  ダウンロードコンテンツ

お問い合わせ・ご相談

オフィスデザイン、レイアウト、設計、内装など、
お気軽にお問い合わせください。

  • 東京:
  • 大阪:
  • 名古屋:
  • 03-3433-6788
  • 06-6457-6788
  • 052-583-6788

オフィス移転に役立つ資料を無料進呈中!

Download Contents

オフィス(事務所)移転チェックリスト

オフィス移転をスムーズに行うために必要な各種確認事項をチェックリストにまとめました。オフィス移転のイメージを持っていただくためにぜひご活用ください。

チェックリスト

マニュアル

オフィス移転のスケジュール作成方法やスムーズに移転を行うためのポイントなどをまとめました。オフィス移転のイメージを持っていただくためにぜひご活用ください。

マニュアル

お問い合わせ

Contact

TOKYO

東京都港区東新橋2-14-1
NBFコモディオ汐留2F
TEL: 03 3433 6788

OSAKA

大阪市北区梅田3-4-5
毎日インテシオ8F|2F
TEL: 06 6457 6788

NAGOYA

名古屋市中村区名駅1-1-4
JRセントラルタワーズ22F
TEL: 052 583 6788

このページの先頭へ