Column

コラム

これからの「ワークプレイス」のあり方とは?スマートニュース様のオフィスを見学しました!
From VIS

働く環境や働き方が時代とともに変わり、決められたオフィスに限らずコワーキングスペースやシェアオフィスで働くことも一般的になっています。

ヴィスでは、これまでも流行や時代の流れに合わせたオフィスのデザインや働き方を提案してきましたが、それを学術的に考えるとどうなるのでしょうか。

学術的な観点からもオフィスのデザインやワークプレイスとしてのあり方の提案ができるように、昨年からヴィスの役員が「日本建築学会」の常設委員会「ワークプレイス小委員会」に所属しています。
「ワークプレイス小委員会」は、人々の働き方や働く場所が多様化する社会状況に対応して、オフィスビルにとどまらず様々な業態の働く場としての「ワークプレイス」のあり方を提案することを目的として設置されました。

今回は、その活動の一環として、実際に働く場としての「グッドオフィス」を訪問して意見交換をする目的でオフィス見学を行うことになり、ヴィスで移転やデザインのお手伝いをしたお客様の中からスマートニュース株式会社様を紹介させてもらうことになりました。

スマートニュース株式会社様は、2016年に現在のオフィスに移転されました。

まずは、エントランスから。

受付ではiPadを使って担当者を直接呼び出すことができます。
取り次ぎ等の時間が省けるので、仕事の効率化にもつながっているそうです。

エントランスの横には、食事やセミナーなど多目的に使えるフリースペースがあります。昼の時間帯には社内で調理しているランチも提供しており、人が集まる場になっています。

昼食はこちらのランチを食べている人が多いとのこと。理由は、なにより美味しいから。日替わりでメニューが変わることや社内で済む手軽さもあると思いますが、ランチを社内で提供する際は味も大切なポイントになります。

いろいろな人が集まって、自然とコミュニケーションが生まれるような場所にしたいとのことで、社内で食べてもらうための工夫をしたり、途中でコミュニケーションが生まれるような仕組みも取り入れていらっしゃいます。


続いては会議スペース。

会議スペースの一角には人が集まる「ニューススタンド」エリアがあります。新聞や雑誌を置き、机はスタンド型にすることで人が集まりやすくなっています。
単純に場所をつくるだけではなく、人が集まり、コミュニケーションが生まれやすくする工夫です。

会議室はガラス張りですが透け感のあるカーテンで区切っていて、会議をしていても外にいる人があまり気になりません。私たちも通路を歩いたのですが、中の様子はほとんど見えませんでした。

部屋の中の壁はホワイトボードになっていたり、本棚や本が置かれていたり。部屋によって机イス・照明の種類が違うなどデザインも異なり、どの部屋にもこだわりが見られます。

一角には仕事もできるフリースペースがあり、社員のみなさんが思い思いの場所で仕事をしている様子が見られました。


続いて、3階にあがります。

廊下には会社のコアバリューなどが掲げられていて、自然と目に入るようになっています。


3階の執務エリアに入ると、どこからか良い匂いが・・・

オフィス内にコーヒースタンドがあるのです。
美味しいコーヒーが社内で飲めるのはもちろん、この場所に人が立ち寄ることで偶発的なコミュニケーションの発生につながっているとのこと。
奥にはキッチンがあり、ランチを作る様子がガラス越しに見られるようになっています。

執務室の奥は、靴を脱いでリラックスできる広いスペース。
集まって会議をしたり、各々仕事をしたり、休憩したりと、自由に過ごすことができます。柱や壁はホワイトボードになっているので、リラックスした状態で思いついたアイデアなどはすぐに書き出すことができるようになっています。

見学した際も実際に会議が行われており、皆さんリラックスして活発に意見されている印象でした。

最後は会議室に集まり、社員の方にお話をうかがいました。
多くの質問と会話の中から印象的だったものを挙げると、

・オフィスに関する疑問や要望はslackのチャンネルでオープンにシェアされている。

・代表のオフィスへの強い思いがあり、社員の意見も取り入れて現在のオフィスをつくった。

・アメリカでも事業を展開しているため、採用もグローバルに行われる。そのため、他のIT企業にグローバルで負けないよう、アメリカで行われている最先端のものも取り入れたりしている。

・例えばランチを提供することだけをとっても、社員やパートナーのことを考慮して運用している。

ただオフィスの設備をデザインするだけではなく、その後の運用が大事ということを強く感じました。実際の利用方法を見て合う形に変えたり、コミュニケーションが発生するよう働きかけたりなどしている様子がうかがえました。

オフィスのことはもちろん、働き方や採用のことなど、周辺事項についてもお答えいただいている間にあっという間に時間が過ぎ、充実した意見交換会となりました。
ありがとうございました。


スマートニュース様のオフィスは以前「オフィスぶらり」でも見学させてもらっています。
併せてご覧ください!
【オフィスぶらり】今を時めくスマートニュース株式会社様の寛ぎオフィスへ行ってきました。
【オフィスぶらり】充実の福利厚生!身も心も健康になるスマートニュース株式会社様のオフィスへ行ってきました。<第2弾>

Works:フリースペースとワークスペースが融合した、エンジニアのためのオフィス


次回、また別のオフィスを見学させていただきます!

浜名湖を歩いて一周!2018キャリア社員研修【ハマイチ】

浜名湖を歩いて一周!2018キャリア社員研修【ハマイチ】

荒波に負けるな!ラフティングへの挑戦【ニッポンイチチャレンジ第5弾】

荒波に負けるな!ラフティングへの挑戦【ニッポンイチチャレンジ第5弾】

第1回ヴィスパーティーを開催しました!!

第1回ヴィスパーティーを開催しました!!

ニッポンイチチャレンジ第4弾!壁を乗り越えろ!ボルダリングへの挑戦

ニッポンイチチャレンジ第4弾!壁を乗り越えろ!ボルダリングへの挑戦

【名古屋オフィス移転プロジェクト2018】新オフィス紹介 ワークスペース編 ー限られたスペースでABWを実現ー

【名古屋オフィス移転プロジェクト2018】新オフィス紹介 ワークスペース編 ー限られたスペースでABWを実現ー

Download  /  ダウンロードコンテンツ

お問い合わせ・ご相談

オフィスデザイン、レイアウト、設計、内装など、
お気軽にお問い合わせください。

  • 東京:
  • 大阪:
  • 名古屋:
  • 03-3433-6788
  • 06-6457-6788
  • 052-583-6788

オフィス移転に役立つ資料を無料進呈中!

Download Contents

オフィス(事務所)移転チェックリスト

オフィス移転をスムーズに行うために必要な各種確認事項をチェックリストにまとめました。オフィス移転のイメージを持っていただくためにぜひご活用ください。

チェックリスト

マニュアル

オフィス移転のスケジュール作成方法やスムーズに移転を行うためのポイントなどをまとめました。オフィス移転のイメージを持っていただくためにぜひご活用ください。

マニュアル

お問い合わせ

Contact

TOKYO

東京都港区東新橋2-14-1
NBFコモディオ汐留2F
TEL: 03 3433 6788

OSAKA

大阪市北区梅田3-4-5
毎日インテシオ8F|2F
TEL: 06 6457 6788

NAGOYA

名古屋市中村区名駅1-1-4
JRセントラルタワーズ22F
TEL: 052 583 6788

このページの先頭へ