Column

コラム

「ホテル風」デザインに必要な要素とは?実際に3つのホテルに行ってきました!
VIS Blog | オフィスデザイン

こんにちは!
最近社内で小さいかいじゅう扱いされる"ミニラ"です!

オフィスデザインのご要望で伺うことの多いワードには、
「カフェ風」や「西海岸風」「ブルックリン風」などがあります。

その中でも、「ホテル風」というワードを伺うことが重なった時期があり、
実際にいくつかホテルを見てきたので、
「ホテル風」とはどんなデザインなのか、3つのホテルを通して紹介していこうと思います!

まずは、「コンラッド東京」 (ここは、贅沢平日ランチで行ってきました!)

ヴィスの東京オフィスからもとても近く、汐留駅直結です。
コンラッドホテルズのコンセプトは、"格式ある和とモダンデザインの融合"

ホテル内には"和モダン"なデザインやアートが散りばめられていました。

中でも1階ロビーは、
"Purfication"という田中信行さんのアート作品がロビー中央に設置されており、
きれいな曲線デザインに真っ赤な漆の仕上げで、とても目を惹くシンボリックな空間となっておりました。

28階のフロントロビーは、
天高7.4mと高く、窓も大きくとっていて
とても解放感を感じられる空間でした!

あと、とっても良い香りがしました。

次は、「ザ・ペニンシュラ東京」です。 (ここは、母とランチで行ってきました!)

ここのコンセプトは、
"ペニンシュラスタンダードと日本文化の融合"

日本人インテリアデザイナーの橋本夕紀夫さんが手がけたホテルです。

1階エントランスはとにかく日本要素が盛り込まれた素敵な空間でした。
ここも天井が高く、照明と合わせて、エレガントさを感じました。

目のような曲線のアートも印象的です。
丸い地球を龍が守るイメージで創られたそうです…!

壁面には、一面に千本格子が施されていて、
ソファの張地も松が描かれた織物調でとても素敵でした。

個人的には、入り口入って正面上に、ピアノの生演奏スペースが設けられていたのに高級感を感じました!

最後は、「ハイアット セントリック 銀座」です。 (ここは、会社のチーム皆で行ってきました!)

"訪れた人々が銀座の魅力を知り、感じ、そして体感する拠点"
をテーマに、ハイアットセントリックのアジア初上陸で、銀座並木通りにあります。

以前、新聞社の本社が近くにあったことから、
ホテル内の内装には、活字アートや新聞紙をモチーフにした壁面などがあり、
とても面白い空間でした!

3つのホテルのデザインを実際に見に行って、

「ホテル風」デザインには、
★高い天井
★和(地域性)を感じるデザイン
★シンボリックなアート
★ラグジュアリーな間接照明
★音や香りの五感要素
が、多く取り入れられているな、と感じました!!!

オフィスにホテルのようなデザインを取り入れたいという時は、参考にしてみて下さい★

投稿日:2019年4月10日

Download  /  ダウンロードコンテンツ

お問い合わせ・ご相談

オフィスデザイン、レイアウト、設計、内装など、
お気軽にお問い合わせください。

  • 東京:
  • 大阪:
  • 名古屋:
  • 03-3433-6788
  • 06-6457-6788
  • 052-583-6788

オフィス移転に役立つ資料を無料進呈中!

Download Contents

オフィス(事務所)移転チェックリスト

オフィス移転をスムーズに行うために必要な各種確認事項をチェックリストにまとめました。オフィス移転のイメージを持っていただくためにぜひご活用ください。

チェックリスト

マニュアル

オフィス移転のスケジュール作成方法やスムーズに移転を行うためのポイントなどをまとめました。オフィス移転のイメージを持っていただくためにぜひご活用ください。

マニュアル

お問い合わせ

Contact

TOKYO

東京都港区東新橋2-14-1
NBFコモディオ汐留2F
TEL: 03 3433 6788

OSAKA

大阪市北区梅田3-4-5
毎日インテシオ8F|2F
TEL: 06 6457 6788

NAGOYA

名古屋市中村区名駅1-1-4
JRセントラルタワーズ22F
TEL: 052 583 6788

このページの先頭へ