このWebサイトの全ての機能を利用するためにはJavaScriptを有効にする必要があります。

ノンテリトリアルオフィスとフリーアドレスの違いとは??本当のオフィスデザインとは??

こんにちは! 久しぶりのキャロウエイです。

タイトルの件、昨日当社東京オフィス会議室で、東京造形大学の地主教授からご講義を賜りました!僕なりに咀嚼して、出来るだけわかりやすく、お伝えします。

地主先生は、オフィスデザインを専攻領域とされる、当業界の学術部門のトップのお一人です。
ご縁あって、定期的にご講義を頂いています。

1)ノンテリトリアルオフィスとは?
トーマス・A・アレンという方が、IBMとの共同開発により提唱。
働く内容でスペースを選ぶという、現在の働く場所の選択に通ずる考え方を開発した。

2)フリーアドレスとは?
元清水建設・技術研究所・嶋村部長という方が、日本建築学会で研究内容を発表。
在籍率が概ね70%であることを活用し、スペースの有効活用を提唱した。

3)両者の違い
スペースソリューションか否か。
フリーアドレスは、限られたスペースを有効活用できるので、不動産コスト削減に寄与。
ノンテリトリアルオフィスは、今で言うコワーキングスペース。自席なく図書館のようなオープンスペースでコミュニケーションと集中を両立。創造性向上に寄与。

4)本当のオフィスデザインとは?
造形や表装の美しさとだけでなく、働き方を形にするために、オフィスでの運用をデザインすることが本当のオフィスデザインでは!


ヴィスでは、ノンテリトリアルオフィスとフリーアドレスの良いところを上手にアレンジして、
各企業様がどんな目的を持ってオフィス運用を考えるか、そのお手伝いをヴィスがいたします!
ぜひご相談ください!

---------------------------------------------------------------
【関連コラム】
フリーアドレスオフィスのメリット・デメリットとは!?
---------------------------------------------------------------

.

.

オフィスデザイン、オフィス移転、企業ブランディング、働き方に関する相談など、お気軽にご連絡ください。ヴィスのプロジェクトマネージャーがお手伝いします。

お問い合わせはこちら

DOWNLOAD

CONTACT

オフィスデザイン、オフィス移転・改装・設計のお問い合わせや見積もり依頼等、まずはお気軽にお問い合わせください。

MAIL FORM