HIROMICHI WATANABE

東京
member
CREDO

お気に入りのクレド

会社にいる時間の全てが作業ではないように、遊んでいる時間の全てが休んでいるわけでもないと思います。仕事の中にもリラックスする瞬間もありますし、休日に友人と話している中に良いアイディアがふと浮かんだりもします。集中できる時間や環境は人それぞれですが、アイディアはそこら中に転がっています。それをいかに発見し、新しいものへと昇華させるかということを何となく考えながら生活しています。

ATTITUDE

仕事に対するポリシーや大切にしていること 職人になりすぎないこと

デザイナーは基本的に職人気質であるべきだと思っています。考えることに対して時間を惜しみなくかけ、心地よい空間を実現させることに真摯に向かい合うことが大切です。しかし、自らの拘りに縛られすぎてしまうと本質を見失ってしまう瞬間もあります。デザインは自己満足になってはいけないと思います。お客様のご要望や願いを丁寧にくみとり、その上で期待を超えられるような空間に仕上げられるよう日々精進しています。

REASONS

入社のきっかけと現在携わっている内容 働き方のデザイン

これまで住宅、飲食店、ホテル等の設計、また家具やインスタレーションのデザイン等に従事してきました。リノベーションやコンバージョンにも多く触れる中で、場所性が何ともつかめない「オフィス」という分野に非常に興味を持ち始めました。すでにたくさんのお客様のオフィスに携わらせていただいていますが、働き方は無限大だと感じています。今後の社会との向き合い方も含め多様なご提案ができればと思います。

QUESTIONS

ヴィスに入って一番印象深かったことは? 個性的なメンバー

案件ごとにPM、CMががらりと変わることが多いですが、魅力のあるメンバーばかりです。それぞれのメンバーとチューニングを合わせて竣工まで一丸となれる喜びがあります。これまでは、ヒアリング、設計、見積、発注、監理と全ての業務に一人で携わっていたので、同時に抱える案件数は少なくじっくりと進めていましたが、この業界はスピードが求められます。その中で各分野のスペシャリストと協力して一つの案件を納めていけるという状況は、割とデザインに注力できるので、自分にとっては新鮮な環境でした。

休日の過ごし方は? 土日どちらかは飲酒しています

平日は外から刺激を受ける時間もなかなか確保できないので、休みの日の日中は外に出るようにしています。一人でぶらぶらすることが好きで、古本屋で買った大量の書籍を喫茶店に持ち込み、自分の好きに時間を使っています。展示などにも興味はありますが、人よりはそういった場所に赴くことは少ないと思います。思考のインプットは本や街並みから受けることが多いです。夜になると土日のいずれかは好きな人たちとお酒を飲んでいます。お酒を飲んでいる時間は建築的な話はあまりしないように意識しています。

PRIDE

思い出に残っている案件 環境を読み解く

敷地の特異点を特に意識した案件があります。形状や設備スペック等はごく一般的な、いわゆるオフィスビルの1フロアへのご移転でした。内装業に従事していると、部屋内のことばかり注目してしまい、そのままプランニングしてしまうケースも多い印象があります。働き手のことを考えると、オフィス内部の充実というのは大前提なのですが、一度、そのエリアがもつ特異点を探してみると様々な発見があるのです。本案件は、都心を流れる豊かな川沿いに位置しており、景観はもちろん、風や陽の差し方も非常に心地よいものがありました。そんな自然の要因を大きなコンセプトに取り込み、お客様と一緒に楽しみながらデザインに落とし込んでいくことができました。その場所から享受できるものを最大限活かすことが設計の務めと改めて感じることができました。

works

CONTACT

オフィスデザイン、オフィス移転・改装・設計のお問い合わせや見積もり依頼等、まずはお気軽にお問い合わせください。

MAIL FORM